EN | JP

COVID-19 対策,オープンソース3Dモデルまとめ
Open Source Designs for COVID-19

issued: 2020 / 03 / 24

INFORMATION

グローバルなネットワークでシェアされ始めている COVID-19 対策に役立ちそうなオープンソースの3Dモデルをまとめています.

2020.03.24 : Prusa Protective Face Shield - RC2
(Prusa Research, Czech)

オープンソース3Dプリンタ界に多大な貢献を続けるチェコのPrusa社が提供する特に医療関係者向けの保護シールドです.
3Dプリントしたフレームに樹脂シートを取り付ける方式です.
https://www.prusaprinters.org/prints/25857-protective-face-shield-rc1#_ga=2.152324153.1028282866.1584851284-889277912.1584674419


2020.03.20 : NANOHACK
(COPPER3D, Chilie)

NANOHACK, THE OPEN SOURCE RESPIRATOR MASK
FDM / FFM 方式の3Dプリンタで使用する素材,フィラメントのメーカーによるマスクのオープンソースデータ.感染防止よりも他者へ感染させないための役割が期待されている.
抗菌素材をフィラメントに採用し,携行,洗浄ができることが謳われている.


2020.03.20 : Respirator-free reanimation Venturi's valve
(Filip Kober via GRABCAD)

Respirator-free reanimation Venturi's valve

Respirator-free reanimation Venturi's valve

Filip Kober
March 18th, 2020
Ready-to-print Venturi's valve for respirator-free mask!
Non-profit project for SARS-cov-2 pandemy.

イタリアで医療現場のスタッフが同様のバルブを製作したものの,オリジナル製品の企業から特許侵害で訴えられる (なんてことだ),という事例を受けつつ発表されたオープンソースのバルブ.
リビジョンが重ねられ始めているので,最新リビジョンを確認して使用することが望ましい.


2020.03.20 : Hands-Free 3D-Printed Door Openers to Help Against the Spread of Coronavirus
(マテリアライズ社, ベルギー)

ハンズフリードアオープナー
ベルギーの3Dプリントサービス企業,マテリアライズ社のスタッフがはじめた活動.
レバーハンドルを介した接触を最低限に収めよう,という意図のアタッチメント.
3Dプリントした後にボルト留めが必要になることと,取り付けの際にシリコンやゴムパッドを挟んだ方がよさそう.